チェンマイで風邪を引く。

この時期、排気ガスやらなんやらで風邪を引く人が多いそうで。
チェンマイは冬だし、朝晩の冷え込み結構するし。
流行に乗ってしまったわたし。


持参したジスロマック(のゾロ)を飲んでも全く効かない。
そうだ、小耳にはさんだ「現地の風邪には現地の薬が効く」を実践しよう。


チェンマイには石を投げれば当たるほどに薬局があります。
で、iPad に症状の英訳を仕込んで薬局で見せると、処方してくれました。
痛み止めと、咳止めと、喉スプレー。



すごい、てきめんっ!!


用事があって数十分歩いて出かけて、お邪魔したお家でドン引きするくらい汗かいて。
思えばその発汗も手伝っているなぁ、と思うのですが。

どんな感じだったかと言うと、
喉のいがいが→喉痛い、のタイミングまでは風邪とは思わなかったです。


今週は結構ストレスフルだったのに言いたいこと言えてなくて、
それが原因だと思い込んでました。


でも喉痛いのから熱発→鼻水へとシフトし
否が応でも認めざるを得ない、風邪引いちゃった感じ。


日本じゃ大概の菌に耐性あったけど、そうだ、ここはチェンマイ。
現地の菌の歓迎を受けているのだね。


ということでいくつかの耐性はついた。
しばらく通っていたら風邪も引かなくなるかな。

bloomio

しゃべって、お茶して、ゆるんで、すっきり。そんな時空間をお届けしてる、完全個室、完全予約制、福岡市博多区の隠れ家サロン。第一、第二、第三の脳、すべてが緩む、温っか女子のためのご機嫌ケアを提供中です。

0コメント

  • 1000 / 1000