お仕事チェンジ

学校を卒業して、国家試験を受けて、

臨床検査技師として働いて22年と半年が過ぎました。

あっという間、ほんとに。

ずっと、不平不満な毎日を過ごしていました。

「辞めてやるっっ!」が口癖で、

すべて人のせい、もののせい、愚痴もりもり。

そういうの、みんなそうだし、当たり前だし、

体裁もあるし、親の期待もあるし。

で、何の疑いもなく生活してました。

常時感じる違和感を払拭する勇気もなく、

全てを捨て去る覚悟もなく、ストレスフルな毎日。


でも、そんな私にも、そのタイミングが訪れました。

もしかしたら、わたし、やれるかも……

今までは他人を卑下することで自分を保ってきたし

異常に頑張ることで存在をアピールしてきたし。

いろんな理由を外の世界にばかり求めていました。

何が変わったのかというと、

「わたしはわたしのままで大丈夫」という確信が持てたこと。

自分が自分の可能性を認めることで

自分が自分の存在を信じることで

わたしはわたしでいいんだと許すことができた、というか。

というか、そこに気づくことが

この世に生まれた最大の目的じゃないかと思ったのです。


そしたら、抑圧されたままサラリーマンやってる場合じゃない!

わたしが喜ぶことを、わたしがやらなくてどうする?

「わたしが喜ぶこと」「わたしが好きなこと」

まだまだ完全にアクセスはできていないけど、

まずはその第一歩はキャリア転換。

腹が据わるまではノイローゼになるほど大変だったけど

その闇をすこーんと抜けて退職の意向を伝えたら難なく受理。

しかも思惑よりずいぶん早期のタイミングで区切り。


会社に執着していたのは私自身なんだよね。

辞めたいときに辞められるってことは

辞めていいってことなんだよね。

これはギフトだと確信しています。

今は能天気すぎるほどわくわくしています。

退職日まであとわずか、残された任務を全うできるよう、頑張ります。

もちろん、ほどほどに。

bloomio

しゃべって、お茶して、ゆるんで、すっきり。そんな時空間をお届けしてる、福岡市博多区の隠れ家サロン。社会のため、家庭のために、ついつい頑張り過ぎちゃう女性を応援しています。

0コメント

  • 1000 / 1000